読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

わーぉ! めでたいっ!!

本日、長野博様からのお便りが、立派な白封筒で我が家にも届きました。 長野さん、ご結婚おめでとうございます。いちファンとしてとても喜ばしい気持ちにさせていただきました。温かい家庭をつくって、末長く幸せになって下さいませ。 しかし、先日のお誕生…

気持ちが忙しい

若く美しい放浪者。 えらくインパクトを感じる単語が並んでいるなと、一瞬思考停止しそうになりました。 いえ、役者さんと言うのは板の上では何にでもなれるものですよね。可愛い女子大生にだろうが美しくエキセントリックなバレリーナにだろうがなれるわけ…

おめでとう、末っ子くん

今日は岡田准一くんの誕生日。 V6さんの末っ子くんもとうとう36歳におなりになるという。なんだか若いころから早く大人になりたいという感じの少年だった岡田くん。自らの望んだとおりの大人に、彼はなれているのだろうか。 今日も立ち寄った本屋さんには、…

ジャニオタ目線の総選挙

AKBグループさんの総選挙。 すっかりほとぼりも冷めたころあいでしょうから、一介のジャニオタが余所の畑の話をして、ピントの合わないお話をしても、気に留める人はいないだろうなということで、今更ながらの振り返り感想をつらねてみました。 今年はなんだ…

あれから一年

V6さん、デビュー21周年おめでとうございます。 そして21年目もアイドルでいてくださり、誠にありがとうございます。おかげでわたくしは今日も平穏な心で、貯めこんでいるV6さんの映像を見て過ごしております。 ほらごらん君となら世界はこんなに美しいと、…

大遅刻もいいところ

というわけで、遅れに遅れてしまいましたが、 長野博様。お誕生日おめでとうございます。長野さんがめでたく44歳になられて一週間以上たってしまいました。 今年は連休の中日がお誕生日でしたね。当日は紅茶のケーキで、心の中でお祝いさせていただきました…

心乱れる10月の始まり

チケット当落の夜は心が乱れるものですね。 というわけで、トニセンさんたちの舞台の抽選結果をいただきました。キャナルシティには行けるようですが、グローブ座にはご招待されませんでした。 マーダーの時も東京へはおよばれしなかったので、出来るだけ近…

気持ちを上げてくれるのも

ええと、鬱々しい雑談を上げた後ですが、本日はそんな気分を癒してくれる情報が入ってまいりましたね♪ トニセンさん、舞台です! すっごい久しぶりな気分だあ~ 10月の国内フェス参加の発表に伴いまして、V6さんたちの年内コンサートなしが確定いたしました…

夏の疲れを引きずりつつ

雑談ですが、一ジャニオタの心の鬱々をとりとめなく書きちらかしますので、心の平穏という観点から、危険だなと思う方は以下はさけて下さいね。 7月の大型歌番組のラッシュが終わり、自担の誕生日が過ぎたあたりで、V6オタとしては夏が終わったなあと思い…

お誕生日おめでとうございます

坂本昌行さん、44歳の一年間は如何なものだったのでしょうか。 オタとして振り返っていくと、とても濃密に楽しませていただいた一年だったなと思っております。 前半は20周年イヤーのあれこれでV6の坂本さんとして、年をまたいでからはミュージカルアクター…

行きつく先

夏の音楽特番前半は、今年もジャニオタにとってプチ・カウコン状態。茶の間で楽しませていただきました。今もって絶賛リピート中! そしてようやく編集が終了いたしました!次の番組がせまっているのでこれ以上先延ばしはできませーん! ありがとう!太一く…

可愛いって、今まで何度思ったんだろうか

可愛い健ちゃん。健ちゃんは可愛い。 V6さんのメンバーの間でも、V6さんのオタの間でも、「健ちゃん可愛い」は常識である。もちろん私も当然のようにそう思っていて、異論を唱えたくなったことって一度もないんじゃなかろうか。デビューから21年目に突入して…

やっぱり再開!

パソコンって難しいです。 いえ、一応は20年くらいは使っているのですよ~ いい加減、もう少しは勉強せえやと言うだけのお話なのです。3月、突然に我が家のパソコンちゃんはインターネットにつながらなくなってしまいました。理由は説明いただいたところで…

2月が終わってしまった

私は悲しい。 2016年の2月は、坂本昌行さんのソロ・ミュージカルコンサートがあった特別な月です。(オタにとっては)その象徴でもある公式のホームページとお別れしなくてはならない、それが悲しい。(いやまだあるけど、延長報告してくれていいんだけど) …

ONE MAN STANDING Ⅵ

魅惑のオールドスタイル ラブミーテンダーの余韻を楽しんでいる間に、ステージは暗転して違う音が流れ始めます。おおざっぱに言うとバンドの演奏がオーケストラ風に(楽器の編成は変わらないので勿論バンドの音ですが)という感じです。 天井からはシャンデ…

ONE MAN STANDING Ⅴ

ブレイクタイムと甘い時間 全開で飛ばしたロックメドレー、アンサンブルさんたちがはけて、坂本さんはステージに残ります。客席からは拍手。 そして格好良くキメキメの後には、ぜーはーしている坂本さんが一人取り残される。これを見られるのはコンサートの…

ONE MAN STANDING Ⅳ

全開のロックメドレー 「Hope」が終わると休みなく次のメロディが流れてきます。暗転したステージの背景にはギターのセットが降りてきて、耳馴染みのあるギターの前奏! この時点ですでに見ているこっちのテンションは急上昇です。「Hope」の歌いあげを聞い…

いつだって格好良い

V6さんのセンターはと問われれば、やっぱり彼を思い浮かべる人が多いだろう。森田剛くん、いつだって彼は格好良い人。 うひゃうひゃ笑っているときも、何言っていいのか言葉を選べなくて困っているようなときにでも、剛くんは格好良い。 でもその昔、オタに…

ONE MAN STANDING Ⅲ

ピアノと共に過去の旅へ 「このコンサートを開くにあたって、これまでのミュージカル人生というものを軽く振り返ってみました」という坂本さん。トークと歌で、昔の舞台と当時の思い出をたどっていきます。 全体的にピアノの音が先に流れ出して、それに導か…

ONE MAN STANDING Ⅱ

ご挨拶のトーク オープニング2曲をパフォーマンスした後、アンサンブルさんは退場。坂本さんのご挨拶とトークのコーナーに入りました。(曖昧な記憶とメモだけで書いてますので、ニュアンスだけくんでください) 「皆さん今晩は、ようこそオーチャードホー…

ONE MAN STANDING Ⅰ

オープニングは華やかに 初めて入ったオーチャードホールは、クラシックの殿堂と言われるのが解る天井の高さでした。緞帳も大きく、重厚感のあるホールですね。 今回のコンサートは、この大きな緞帳の上部分に、歌われた楽曲のタイトルと、作品、上演年がふ…

ONE MAN STANDING について

これは感想を書いておきたい。 取りあえず前の記事で、アホのようにでれでれな自分の心情を書き流したけれど、そういうことでなくてきちんと纏めておきたい。 まあ世間様にはそういうことが上手な方々があまたおられるので、自分が頑張らずともあっちこっち…

東京から帰ってまいりました。 坂本さんのミュージカル・コンサートを見るための真冬の東京行。 まだ、ドキドキしています。去年、V6さんのコンサート、自分的初日に行った後、胸が苦しくてしかたない日がしばらく続きました。 今回はドキドキしています。私…

ウエスト・サイド物語、その呪縛

ジャニーズ事務所における、「ウエスト・サイド物語」のお話ではなく、個人的な思いをお話したいと思います。 このたび坂本さんがミュージカルコンサートを行うということで、個人的に自分の中でのミュージカルへのこだわりというものを、改めて整理していき…

アイドルでいること

アイドルさんはアイドルでいることを悩む生き物らしい。 私は自担に落ちるまで、そういうことを考えたことはなかった。 完全なるお茶の間のドル好きで、ただテレビの歌番組を付けたときに、そこに出ているアイドルさんたちのパフォーマンスを楽しんでいただ…

僕は少し疲れてたかな

新年はだいぶん前にあけましたが、まずはおめでとうございます。 不定期更新なこのページに足を運んで下さる方々、どうもありがとうございます。身になる情報はまったくないと思いますが、これからも引き続き、ちょっとでも楽しんでいただければ幸いです。 …

ふり返り作業

余所様のブログを周っていると、一年の締めくくりにふさわしいまとめ記事がたくさんあがっていてすごいなあと思う。 たいがいなとりあたまな私には、なかなか向かない作業だ。とりわけ尊敬してしまうのは、年間のジャニーズ支出を算出されてある方々、その現…

まずは落ちつこうか

心の波風がたってしょうがない。 午前11時、コーヒーを入れてクリスマスケーキの残りを少しだけ食べて、落ちそうな気持ちをなだめていました。 本日は坂本さんのソロコンのチケット一般発売日。電話との戦いはあっという間に終わりまして、見事に惨敗でござ…

人の持ち歌って難しい

今年のFNS歌謡祭もコラボ曲が万歳だった。 これって誰が嬉しいのだろうかと首をひねってしまう。歌が上手い人と組むと、下手な人は悪目立ちするし、というか普段は下手だと思っていない人も、もしかして下手かもな気がしてくるし、せっかくいい曲なのにこの…

言いたいことがたくさんあって

心のすみのファイルではなく、ブログの下書きを開いては、はてしなく公開しない文章を増やしている今日この頃です。下書きばかりが増えているのは、主にまとめるだけの文章力がないせいですが、気持ちがとっちらかっているせいもあります。 ベストアーティス…

今日は素直におめでとう

紅白歌合戦。イノッチくんの白組司会者とV6さんの出場が決まりました! おめでとう!! ファンとしてもここは素直に喜びたいです。 クリスマスはラジオで、大晦日はテレビで、大切な日をV6さんと一緒に過ごせるなんて幸せすぎて怖いです。(他に予定はないのか…

さよならは約束の前にしてください

ジャニオタなので、思う所はいろいろあります。 ベストアーティスト2015、楽しい年末の歌番組。どーしてこういう場になるよと嘆きたいのが正直なところだ。 とはいえども、私が追い続けているのはV6さんで、自担は坂本さんなので、生々しい感情をぶつけたい…

おおきくなったね

私が岡田くんを始めて個別認識した頃は、彼はまだ学生さんでした。 まだりんごほっぺとか、でこぱとか言われてた。関西弁も普通に出てた。大きな目が印象的で、元気そうで、お兄ちゃん達にいじられ可愛がられて、大型犬の子犬みたいなイメージを抱いていた。…

突然やって来た貪欲モード

基本的に私はゆるいオタです。 コンサートであれ舞台であれ全ステしたい!となるような高ぶりは持たないし、グッズや雑誌の全買いもしません。そんな資金力はないという現実的な理由が一番ですが、ほとばしる欲望が激しければ、お金は後から付いてくる!とい…

朝から爆弾投下

坂本昌行さん、ソロコンですってよ! ミュージカルナンバーのみのコンサートですってよっ!! 夢(妄想)が現実になる瞬間というものは、人生の中で何度おとずれるものなのでしょうか。オタとして十年以上妄想し、望み続けてきたことが現実になるそうです。嘘…

少しずつ

大変いまさらで恐縮ですが、11月1日、V6さんが20周年を迎えられました。 おめでたいことです。 V6さん、生まれてきてくれてありがとう。(ここは社長さんにお礼を言うべきかな) そしてV6さんで居続けてくれた6人に、心からありがとう。 支えてきてくれたス…

自担の威力

V6さんのコンサートに行ってから、一週間以上が過ぎてしまいました。キラキラしたあの空間、コンサートはやはり夢の時間なのだと改めてかみしめています。 とりあえず、忘れたくない所は帰ってすぐにレポート用紙に殴り書きした。その後も思い出せたときにメ…

今日という日に

本日は、V6さんの長野博様のお誕生日です。 おめでたいこの日に、CM決定!のお知らせが舞い込んできて、長野さんの担当さんには心から喜ばしい一日になったのだろうなと、ほっこりしております。 グルメしまくった甲斐もあるというものだよなぁとしみじみ。…

試行錯誤

V6さんのコンサート、福岡マリンメッセに行ってまいりました。 ネタバレになりそうなことはまた改めて、少し頭を片づけてから書きたいと思いますが、とりあえず今の胸の内を。 20周年は、ひたすらV6さんたち(とその支えとなる人たち)が、ファンの為にと考…

祭りの前夜

明日はV6さんのコンサート、私的に初日です。 チケット確認。ペンライトを確認。双眼鏡確認。(ウチワは無し)準備完了。 で、何をしているのかと申しますと、V6さんのベストアルバムの歌詞カードを読んでいます。気持ち悪いですわ~自分が自分で(笑) ここ…

嬉しい驚きもあるよ

一つ前の記事で、ジュニアくんたちにちょっと触れたけれど、やや辛口になってしまったので、「ザ 少年倶楽部」の素敵だと思ったところも追記しておこうと思います。 なんだかんだ言っても、この番組、初回から一度も見逃さずに見続けているので、ここに呼ば…

振覚えって難しい

あいかわらず、絶賛V6さんを強化リピートな日々です。コンサート前に、お客さんも一緒に踊ってね、な曲くらいはあらかた覚えておきたい。しかしここで改めて、リピート率問題にぶつかっています。 最難関は「グッデイ!!」です。 可愛いし楽しくなれる曲だし…

無駄遣い感がハンパない

Mステスペシャル、分割しながらようやく見おおせました。総じて楽しく見ました。とりあえず、ジャニをまとめ出ししていただけるのはありがたいですね。(主に編集の意味で) しかしねー、あれだけ揃えたのなら後ろで踊る人たちも用意しておくれよと思ってし…

ワクワクともにょもにょ

どうしようもない、くりごとです。 コンサートに向けて、絶賛V6さんを視聴強化中。 撮りためた映像を掘り返し、過去のシングル曲を振りかえり、若かりし日のV6さんたちから、最新のV6さんまで、とりあえず時間の許す限り、視聴を続けています。シングルを中…

結婚は慶事であるか

なんだかタイトルからして喧嘩を売りそうなものになっていますが、基本的に結婚は慶事だと考えております。 死が二人を分かつ時まで、変わらぬ愛を約束しますなどと言えるお相手に出会える人生は、それだけで豊かなものだと言えるでしょう。 たとえその結末…

シンメとは

シンメとは。 この前、坂本さんと長野さんの雑誌についてを書いていたので、ずっと書いてみたいと思いながら上手くまとめられないだろうなあと諦めていた、自担と「シンメ」についてを思い切って書いてみようと思います。 まとまらないこと前提、かつ長くな…

帰ってくる、学校へ行こう!

V6

とにかく驚いた。 20周年ってこういうことも起こったりするんだと、びっくりした。V6さんたちのレギュラー番組の中で一番長く続いた「学校へ行こう!」が復活です。 一夜かぎりのスペシャルでしょうが、やっぱりこれはハッピーサプライズだ。 オタを自覚した…

なんだか悔しい気さへする

遅ればせながら、8月に発売された月間のテレビ雑誌についてです。 24時間テレビが終わり、雑誌のラッシュが一段落と思っていたら、8月末の月刊テレビ誌にもV6さんの露出がある。 どうやら20周年特需は継続されているようです。 というわけで、お持ち帰りし…

スタートラインに立つために

V6

北の大地では、V6さんたちのツアーが無事にスタートした模様です。 事前に予習しておきたいタイプなため、せっせとネタバレを集めているのですが、V6さんたちはとても一生懸命に歌って踊って周って下さっているようですね。ありがたいことです。踊らないV6さ…

時が来る

V6

V6さんのツアー前夜ですね。 はっきり言って、落ちつきません。昨日のMステを見てから、さらに落ちつかなくなってしまいました。ステージに立ち、ポジションに着いた時のV6さんたちの表情が、ここ最近の歌番組のときよりも、引きしまっているというか厳しい…