読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

2月が終わってしまった

私は悲しい。 2016年の2月は、坂本昌行さんのソロ・ミュージカルコンサートがあった特別な月です。(オタにとっては)その象徴でもある公式のホームページとお別れしなくてはならない、それが悲しい。(いやまだあるけど、延長報告してくれていいんだけど) …

ONE MAN STANDING Ⅵ

魅惑のオールドスタイル ラブミーテンダーの余韻を楽しんでいる間に、ステージは暗転して違う音が流れ始めます。おおざっぱに言うとバンドの演奏がオーケストラ風に(楽器の編成は変わらないので勿論バンドの音ですが)という感じです。 天井からはシャンデ…

ONE MAN STANDING Ⅴ

ブレイクタイムと甘い時間 全開で飛ばしたロックメドレー、アンサンブルさんたちがはけて、坂本さんはステージに残ります。客席からは拍手。 そして格好良くキメキメの後には、ぜーはーしている坂本さんが一人取り残される。これを見られるのはコンサートの…

ONE MAN STANDING Ⅳ

全開のロックメドレー 「Hope」が終わると休みなく次のメロディが流れてきます。暗転したステージの背景にはギターのセットが降りてきて、耳馴染みのあるギターの前奏! この時点ですでに見ているこっちのテンションは急上昇です。「Hope」の歌いあげを聞い…

ONE MAN STANDING Ⅲ

ピアノと共に過去の旅へ 「このコンサートを開くにあたって、これまでのミュージカル人生というものを軽く振り返ってみました」という坂本さん。トークと歌で、昔の舞台と当時の思い出をたどっていきます。 全体的にピアノの音が先に流れ出して、それに導か…

ONE MAN STANDING Ⅱ

ご挨拶のトーク オープニング2曲をパフォーマンスした後、アンサンブルさんは退場。坂本さんのご挨拶とトークのコーナーに入りました。(曖昧な記憶とメモだけで書いてますので、ニュアンスだけくんでください) 「皆さん今晩は、ようこそオーチャードホー…

ONE MAN STANDING Ⅰ

オープニングは華やかに 初めて入ったオーチャードホールは、クラシックの殿堂と言われるのが解る天井の高さでした。緞帳も大きく、重厚感のあるホールですね。 今回のコンサートは、この大きな緞帳の上部分に、歌われた楽曲のタイトルと、作品、上演年がふ…

ONE MAN STANDING について

これは感想を書いておきたい。 取りあえず前の記事で、アホのようにでれでれな自分の心情を書き流したけれど、そういうことでなくてきちんと纏めておきたい。 まあ世間様にはそういうことが上手な方々があまたおられるので、自分が頑張らずともあっちこっち…

東京から帰ってまいりました。 坂本さんのミュージカル・コンサートを見るための真冬の東京行。 まだ、ドキドキしています。去年、V6さんのコンサート、自分的初日に行った後、胸が苦しくてしかたない日がしばらく続きました。 今回はドキドキしています。私…

ウエスト・サイド物語、その呪縛

ジャニーズ事務所における、「ウエスト・サイド物語」のお話ではなく、個人的な思いをお話したいと思います。 このたび坂本さんがミュージカルコンサートを行うということで、個人的に自分の中でのミュージカルへのこだわりというものを、改めて整理していき…