読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

気持ちが忙しい

若く美しい放浪者。 えらくインパクトを感じる単語が並んでいるなと、一瞬思考停止しそうになりました。 いえ、役者さんと言うのは板の上では何にでもなれるものですよね。可愛い女子大生にだろうが美しくエキセントリックなバレリーナにだろうがなれるわけ…

お誕生日おめでとうございます

坂本昌行さん、44歳の一年間は如何なものだったのでしょうか。 オタとして振り返っていくと、とても濃密に楽しませていただいた一年だったなと思っております。 前半は20周年イヤーのあれこれでV6の坂本さんとして、年をまたいでからはミュージカルアクター…

行きつく先

夏の音楽特番前半は、今年もジャニオタにとってプチ・カウコン状態。茶の間で楽しませていただきました。今もって絶賛リピート中! そしてようやく編集が終了いたしました!次の番組がせまっているのでこれ以上先延ばしはできませーん! ありがとう!太一く…

2月が終わってしまった

私は悲しい。 2016年の2月は、坂本昌行さんのソロ・ミュージカルコンサートがあった特別な月です。(オタにとっては)その象徴でもある公式のホームページとお別れしなくてはならない、それが悲しい。(いやまだあるけど、延長報告してくれていいんだけど) …

ONE MAN STANDING Ⅵ

魅惑のオールドスタイル ラブミーテンダーの余韻を楽しんでいる間に、ステージは暗転して違う音が流れ始めます。おおざっぱに言うとバンドの演奏がオーケストラ風に(楽器の編成は変わらないので勿論バンドの音ですが)という感じです。 天井からはシャンデ…

ONE MAN STANDING Ⅴ

ブレイクタイムと甘い時間 全開で飛ばしたロックメドレー、アンサンブルさんたちがはけて、坂本さんはステージに残ります。客席からは拍手。 そして格好良くキメキメの後には、ぜーはーしている坂本さんが一人取り残される。これを見られるのはコンサートの…

ONE MAN STANDING Ⅳ

全開のロックメドレー 「Hope」が終わると休みなく次のメロディが流れてきます。暗転したステージの背景にはギターのセットが降りてきて、耳馴染みのあるギターの前奏! この時点ですでに見ているこっちのテンションは急上昇です。「Hope」の歌いあげを聞い…

ONE MAN STANDING Ⅲ

ピアノと共に過去の旅へ 「このコンサートを開くにあたって、これまでのミュージカル人生というものを軽く振り返ってみました」という坂本さん。トークと歌で、昔の舞台と当時の思い出をたどっていきます。 全体的にピアノの音が先に流れ出して、それに導か…

ONE MAN STANDING Ⅱ

ご挨拶のトーク オープニング2曲をパフォーマンスした後、アンサンブルさんは退場。坂本さんのご挨拶とトークのコーナーに入りました。(曖昧な記憶とメモだけで書いてますので、ニュアンスだけくんでください) 「皆さん今晩は、ようこそオーチャードホー…

ONE MAN STANDING Ⅰ

オープニングは華やかに 初めて入ったオーチャードホールは、クラシックの殿堂と言われるのが解る天井の高さでした。緞帳も大きく、重厚感のあるホールですね。 今回のコンサートは、この大きな緞帳の上部分に、歌われた楽曲のタイトルと、作品、上演年がふ…

ONE MAN STANDING について

これは感想を書いておきたい。 取りあえず前の記事で、アホのようにでれでれな自分の心情を書き流したけれど、そういうことでなくてきちんと纏めておきたい。 まあ世間様にはそういうことが上手な方々があまたおられるので、自分が頑張らずともあっちこっち…

東京から帰ってまいりました。 坂本さんのミュージカル・コンサートを見るための真冬の東京行。 まだ、ドキドキしています。去年、V6さんのコンサート、自分的初日に行った後、胸が苦しくてしかたない日がしばらく続きました。 今回はドキドキしています。私…

ウエスト・サイド物語、その呪縛

ジャニーズ事務所における、「ウエスト・サイド物語」のお話ではなく、個人的な思いをお話したいと思います。 このたび坂本さんがミュージカルコンサートを行うということで、個人的に自分の中でのミュージカルへのこだわりというものを、改めて整理していき…

アイドルでいること

アイドルさんはアイドルでいることを悩む生き物らしい。 私は自担に落ちるまで、そういうことを考えたことはなかった。 完全なるお茶の間のドル好きで、ただテレビの歌番組を付けたときに、そこに出ているアイドルさんたちのパフォーマンスを楽しんでいただ…

ふり返り作業

余所様のブログを周っていると、一年の締めくくりにふさわしいまとめ記事がたくさんあがっていてすごいなあと思う。 たいがいなとりあたまな私には、なかなか向かない作業だ。とりわけ尊敬してしまうのは、年間のジャニーズ支出を算出されてある方々、その現…

まずは落ちつこうか

心の波風がたってしょうがない。 午前11時、コーヒーを入れてクリスマスケーキの残りを少しだけ食べて、落ちそうな気持ちをなだめていました。 本日は坂本さんのソロコンのチケット一般発売日。電話との戦いはあっという間に終わりまして、見事に惨敗でござ…

突然やって来た貪欲モード

基本的に私はゆるいオタです。 コンサートであれ舞台であれ全ステしたい!となるような高ぶりは持たないし、グッズや雑誌の全買いもしません。そんな資金力はないという現実的な理由が一番ですが、ほとばしる欲望が激しければ、お金は後から付いてくる!とい…

朝から爆弾投下

坂本昌行さん、ソロコンですってよ! ミュージカルナンバーのみのコンサートですってよっ!! 夢(妄想)が現実になる瞬間というものは、人生の中で何度おとずれるものなのでしょうか。オタとして十年以上妄想し、望み続けてきたことが現実になるそうです。嘘…

自担の威力

V6さんのコンサートに行ってから、一週間以上が過ぎてしまいました。キラキラしたあの空間、コンサートはやはり夢の時間なのだと改めてかみしめています。 とりあえず、忘れたくない所は帰ってすぐにレポート用紙に殴り書きした。その後も思い出せたときにメ…

ワクワクともにょもにょ

どうしようもない、くりごとです。 コンサートに向けて、絶賛V6さんを視聴強化中。 撮りためた映像を掘り返し、過去のシングル曲を振りかえり、若かりし日のV6さんたちから、最新のV6さんまで、とりあえず時間の許す限り、視聴を続けています。シングルを中…

なんだか悔しい気さへする

遅ればせながら、8月に発売された月間のテレビ雑誌についてです。 24時間テレビが終わり、雑誌のラッシュが一段落と思っていたら、8月末の月刊テレビ誌にもV6さんの露出がある。 どうやら20周年特需は継続されているようです。 というわけで、お持ち帰りし…

テレビいろいろ(坂本さん編)

あいかわらず番宣は続きますね。 V6さんたちはあっちこっちにバラけて、テレビ出演されておりますので、毎日編集、ダビングです。レコーダーがせめて夏の終わりまでは無事でいてくれることを祈ってしまいます。 とりあえずそんな中で、気になった坂本さんを…

やっぱりこれ、くるのね

世間様はお盆ですね。 何がなんというわけではないのに、気ぜわしい。そして、気ぜわしいのにだんだん追いつめられてきたHDDの整理! V6さんたちが出ている番組一つ一つをつぶさに見ていきたいのですが、すでにとっても追いついていません!! 本当に、露出に…

若さと大人

本屋さんに行くと、店頭にチャリTシャツ姿のV6さんが、ジャンプくんたちとごちゃまぜになってずらっと並んでいた、月刊のテレビ雑誌。ああどうしよう。全部お持ち帰りするべきなのか悩ましい。月刊だからもう少し悩もう、うん。 ジャンプくんたちは、先日…

何度目のやりとりか

HDDの整理に戦う毎日に、新たな問題が発生した。 「世界水泳2015」である。長時間のベタ撮りは避けたい。見るのを諦め‥‥‥やっぱり見たい。 特に採点競技のシンクロは、今年の結果が来年のオリンピックにダイレクトに効いてくるはずなのだ。リアルウォータ…

雑誌がいっぱい

朝から久しぶりに堂上さんな岡田くんを見た。 彼は共演する若手俳優さんたちも、ちゃん付けで呼んでいるんだね。若くて可愛い後輩を、可愛がっているというのは噂に聞いていたけれど、余所でもその調子だと、一般の方には変な人だと引かれやしないのか。少し…

お誕生日おめでとうございます

坂本昌行様 44歳をご無事にむかえられましたことを、心よりお喜び申し上げます。 大切なコンサートをひかえ、せっせと涙ぐましい増量に励まれているころではないかと思われますが、上腕筋と胸板ばかりをこやすのはほどほどにして、持久力をあげる方向で鍛え…

2000年の24時間テレビ

基本、自担に仕事があるのは喜ばしい。基本です。見失っちゃいけないですよね。 しかしこの番組のV6さん、2度目のパーソナリティが決まったとき、15年前の色々を思い出して気が遠くなった人はいらっしゃいませんか?(そんな昔は知らねーよ!という方、知らな…

自担に落ちる。その後

坂本昌行さんに落ちました。(けっこう昔の話です) 自覚はありましたが、心の整理はすぐにはつかない。アイドルが好き~という気持ちと、特定の誰々のファンですという気持ちには、ものすごい隔たりがある。少なくとも私にとっては。 例えるのならば、波打…

自担に落ちる

落ちた瞬間。 それはまさに、落ちるという単語がぴたりとはまる一瞬である。 1997年7月11日。 7月2週の金曜夜8時、ジャニオタさんなら言わずと知れた、Mステの夜、毎週要チェック、基本です。 この日のジャニーズからの出演者はV6、曲は「WAになっておどろ…