読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

僕は少し疲れてたかな

新年はだいぶん前にあけましたが、まずはおめでとうございます。

不定期更新なこのページに足を運んで下さる方々、どうもありがとうございます。身になる情報はまったくないと思いますが、これからも引き続き、ちょっとでも楽しんでいただければ幸いです。

 

紅白からカウコンまでをぶっ通して見おさめて、無事に年は明けたのですが、幸福の余韻にひたっていた最中にブログを更新できなかった最大の理由は、ひたすらテレビの視聴時間が長くて、これ以上液晶の画面を見る気力がなかったためです。

疲れてたんですね。かなりしょーもない。

 

とにかく年末まではひたすら多い長時間の歌番組の消化(V6さんが出てないものも、ジャニーズさんたちが出てないものまでも、ひととおりはチェックする)、それに加えてスポーツ番組の消化が、年末から年始にかけてえらことになってきます。

フィギアスケートの全日本からサッカー天皇杯皇后杯に高校サッカー、駅伝が高校、実業団、大学と続きラグビーはリタイアしましたが、オリンピックイヤーなのでマイナースポーツの特番、押さえておきたいインタビューなども入ってくる。

時間の許す限りテレビの前で過ごし、もちろんこの間にV6さんのソングスとライブの再放送も見るわけです。長野さんがおよばれした番組も見るし、その他のジャニさんたちが出てる番組なんかもぽちぽちと見ているわけです。しんどいっ!

 

まあようやっと平常に戻ってきましたので、紅白の感想とか、年明けの雑誌の感想とかを書こうかと思っておりました。

楽しくV6さんと坂本さんにきゃっきゃしたことを書き留めたいと思っておりましたのですが、年明け2週間しか経ってないというのに、ジャニーズ界隈にまたもや爆弾投下ですねえ。

 

どーんとSMAP解散報道。

やめよーよ、新年早々さ。

 

でも書いておかないと、もやもやが溜まりそうなので、今の時点でもやもやと思っていることを書いておきたいと思います。気がめいりそうな方はお引き返しくださいね。

 

何度目の解散危機かいなと一瞬思ったりもしましたが、公共放送、海外放送、一般新聞と報道がなされると、裏を取っていない噂ではないわけだねということは、結論付けされてしまいます。事務所から協議中の告知も出ましたしね。

ジャニオタですから、そういう話はずーっと耳に入ってきてますね。大半のジャニオタさんはああそうねー派閥‥‥‥と、心当たりがあるお話ではなかろうかと思います。

 

派閥とか派閥とか派閥とかねぇ。はっきり言えば何年もずーっと噂には聞いてますですよね。オタ的にはまったく嬉しくないか、興味がないかどっちかなこの噂。

はっきり言って、そんな裏事情はどーでもよろしい! オタは楽しくアイドルを愛でていたいんだよっ!

他のグループの人たちとたまにあって同窓会みたいにはしゃいでる姿だって見たいわ! というのが個人的な感情です。

 

その昔、事務所担なジャニオタさんとお話させていただいたときに、森光子様はジャニだけれど、SMAPさんはジャニじゃないよねというブラックジョークもお聞きしたことがございました。

オタ同士でこういう会話が成り立つようになったのはいつごろからかな。十五年以上は前だろうと思います。十九、二十年前だと、野球大会は出てたし、キンキちゃんたちもとても可愛がってもらっていたよねという感じになるので、そこまで溝を感じてはいなかったんですけれど。

それくらい昔から暗黙の了解で、かのグループは治外法権というか、他のグループと一線を画した存在として、オタの間では認識されていたかと思います。

 

しかし次期社長争いだなんぞという噂は誰も信じちゃいないよというのが、正直なところでした。

だってジャニーズ事務所って、そもそも家族経営が肥大化したぐらいのものという認識だったのです。ファミリークラブってファンのお手伝いが進化したくらいのものだったし(だからプロフェッショナル対応を元から期待していない)、社長副社長が姉弟で、自社レーベルをたちあげたのがキンキちゃんたちのデビューのとき。まだ二十年たってないなあ。

有名だけれど大手事務所じゃなく、家族経営のこじんまりした会社という認識だったので、そら後継ぎは血族の娘さんになるわなぁと普通に思っておりましたですよ。

どんだけ有能な社員でも、タレントを発掘しているわけでもないし、コンサートや舞台を制作しているわけでもないマネージメントをしている立場の一社員の方が、家族経営の会社の社長になるっていうのは、社会一般の例を見ても考えにくいことのように思えます。

一般の会社で考えると、どんだけ凄腕のカリスマセールスマンであったとしても、親族経営の会社の社長にはなれないだろうという感じでしょうかね。

だから跡目争いみたいなことは、まったく本気にしていなかったのですよ。

SMAPさんとプラスアルファくらいが、そのマネージャーさんの独自路線でプロデュースされていて、その売り込みに関しては権限が与えられていて、それで面白くなく思う人がいたとしてもですよ。まあお互いのテリトリーを犯すことなく適当に共存していくのだろうなと思っておりました。

十何年もなって、今さらタレントさんをまきこんでの独立騒動からの解散危機って、なにをやらかすんだよという感じですね。

これがまだ水面下で話し合いが行われているというならばともかくも、協議中におおっぴらに報道されるということは、リークした人がいるわけで、報道規制する気はないという事務所の意思でもあるわけです。もう表ざたになってもいいことなんだよってことですよね。

これだけでもかなりゲンナリ。

 

どんなグループだって、永遠に不滅とは言えないし、絶対はないです。

アイドルという看板が重たいという人だっているかもしれません。疲れてもう続けたくないと思う人もいるかもしれない。単身ハリウッドに挑みたいとか、芸能人ではない職業を目指したいんだとか、そういう夢があってアイドル人生を終わらせたいというのであれば、オタとしても泣く泣く諦めを付けるんではないかと思います。

しかし辞めるというのなら、それはせめて本人さんたちの意思からであってほしいとオタとしては思うのです。

会社都合とか、派閥争いの末とかでは、あまりにも報われない。

生みの親と育ての親への恩義で板挟みだとか、ワイドショーなどで言われておりましたが、百万のオタの想いと課金より、義理人情とメンツが勝るのかよと、やさぐれたく思うのは心が狭いですかね。なんともやりきれません。

 

まだ本人さんたちからのコメントが出ない以上はどういう落とし所で結末が付くのかはまったく解りません。

どんな不祥事も乗り切って、アイドルの概念を覆してきたと言われるSMAPさんですから、この騒ぎを乗り切ってさらなる不動の地位を築いて下さることを信じてお祈りしています。

今ジャニオタのはしくれが言えるのはSMAPさんの解散なんてやだよーというくらいです。

 

一番好きだった時期が6人時代の後期だったもので、スマオタとは名乗れない身なのですが、SMAPさんのコンサートには、たまにお邪魔させていただいております。

参加させていただいた後は、いつも安定の楽しさを提供して下さる、さすがは国民的と言われるグループだなあと感心して帰ってきます。一般の友人をさそうのならばやはりスマコンを選ぶ。ドームのスタンドでのんびりスクリーンを眺める、茶の間の延長のように、それはそれで楽しいものです。

それくらい幅広く日本国民に浸透している5人のキャラクターと良い楽曲をたくさん持っている、他に代え難いグループですよね。

なくなるなんて大損失だ。

 

しかし記念イヤーって曲者ですね。

契約更新、何年ごとでやってるのかは知りませんが、CDデビューの時にタレントさんは改めて事務所と契約を交わすわけですから、そこが区切りになってしまうのですよね。

オタは楽しいことがいっぱいあるはずと期待して待っているのに、皮肉なものです。

 

そしてつい考えてしまう、V6さんの行く末。

でもV6さんってそんなに真剣に売り込まれたことないんじゃね?と、それってどうなのよって考えに至ってしまいました。

どこにむけて何を売り込んでいるのかというトータルプロデュースってのが、二十年を超えた今でも見えてこない気がするのは気のせいかな? 

それでもV6さんのオタでいるのに不都合はないのですけれど、国民的と言われるまでに上り詰めるには、ご本人たちの努力や才能、運命の他にも、販売戦略というものは欠かせないのでしょうね。

その恩恵が、しがらみになってグループを潰すようでは本末転倒でしかないですけど。

 

とりあえず、朗報が入ることをお待ちしております。