読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

テレビいろいろ(坂本さん編)

V6 坂本昌行

あいかわらず番宣は続きますね。

V6さんたちはあっちこっちにバラけて、テレビ出演されておりますので、毎日編集、ダビングです。レコーダーがせめて夏の終わりまでは無事でいてくれることを祈ってしまいます。

とりあえずそんな中で、気になった坂本さんをチョイス。

 

嵐にしやがれで大野くんと五右衛門風呂を造る坂本さん。

どちらも作業を長時間続けることには苦痛を感じないタイプであるらしいお二人さんらしく、真面目に真面目に朝から日暮れまで、ドラム缶でお風呂を造っておられました。

最後は二人で入浴シーンですが、セクシーショットなどはまるでなく、ほっこりとお風呂に浸かっているお二人。ほのぼのだなーと思っていると、不意打ちで若かりし日の坂本さんの、白シャツ前はだけで風にあおられるセクシーショットが画面にドン!

うーん、これは当時の宣材写真かなんかだろうか。さすがに薄いですね(胸)。

当時はダンスが好きなだけで事務所に居たという大野くん、入所当時のあこがれの先輩は坂本さんで、当時は坂本さんのダンスを何度もビデオで巻き戻して見ていたというお話でした。

これは坂本さんのオタとしても、嬉しいお話。

基本的に事務所内での立ち位置が地味な坂本さんに、昔話でも憧れていてくれた後輩がいたのかと思うと、嬉しくなるじゃないですか。ジャズダンスを踊る坂本さんというと、大野くんが見ていたのはデビュー前の映像かな。

私もあの時代の坂本さんの踊りはとても好きです。古めかしい振付なので、今ではああいうテイストのダンスを見られる機会というのは、他のグループを入れてもほぼ壊滅していると思いますが、たまに劣化しまくった当時の映像を引っ張り出して見ております。

そしてこの番組に触発されて、また見たくなってしまいまして、ついに我慢できずに今日になって映像を引っ張り出して来てしまいました。

 

見たのは「DANCE」、踊っているのはジャニーズシニアさんたちです。この曲、アウトロに坂本さんと長野さんだけ短いソロダンスがあるのです。同じフレーズの繰り返しで、先に長野さんのソロ、続けて坂本さんのソロが入って、ラストは全員同じ振付けで終わるのですが、ソロの2人のダンスが印象的なのです。

力強い長野さんのソロの後、しなやかさを前面に出した坂本さんのソロが続くのが好対照。坂本さんは音楽に合わせながら前後開脚していきながら上半身も前倒しに床に伏せていく。言葉にすると完全にストレッチとかヨガのポーズのようですが、音楽に合わせてすっと身体が落ちていくみたいなワンフレーズが好きで、折に触れて引っ張り出して見てしまう一曲なのです。

結局この曲を数回リピートして、このままでは過去の旅にひたってしまいそうになったので(そんな暇はない録画事情)、セクバニコンで最近のダンスを何曲か見て、現実に戻ってきました。

 

大野くんありがとうございます。でもばっさりカットかかったという未公開トークも見たい。未公開映像の放出していただけないかなぁ。溶接しているところももっと手元まで細かく見たいのだけれど、さすがにこれはマニア以外に需要はないね。

 

深イイ話。坂本リーダーの密着。

予想はしていたんですよ、週5でジム通いの坂本さんが、有酸素運動はやっていないだろうということは。

でもねー、実際に見せられるとねー、やれよ、むしろそっち大事!

それこそ尊敬する東山先輩を見習うべきでしょう!軽く5キロ10キロ走るとか言ってくれ。代々木の花道は長いんだよ~(まるで運動しない同年代の私は、バックステージ側から前方席まで歩くだけで疲れます。往復するのも嫌)坂本さんがV6さんのコンサートで消耗しているのは、ダンスよりも移動のせいだと思うよ!

胸と上腕は増えやすいから結果が見えて嬉しいんだろうけれど、スーツのバランスが崩れるのは嫌なのでほどほどで。ジムのインストラクターの方も、まんべんなく鍛えるように勧めていただけないかなぁ。(だれか止めて、切実に)

 

パソコンで建物を設計するのは、まだ絶賛ハマリ中なのですね。今は日テレタワーなのか。

代々木、自信作なんだ。V6コンのセット構想は見てみたいので、細かいところまでプリントアウトして、コンサート会場で展示でもしてくれればいいと思います。セットの裏側をどう組んでるのかとか、センターステージの内部構造とか、照明をどこの角度から何本くらい打っているのかとか。気になるところはいっぱいあるから、せっかくならば御披露していただきたいですね。

しかしこの御様子だと、坂本さんがウエーブにお絵描きを投稿してくれる日はくるのでしょうか。お絵描き、最近忘れてる?

 

調理器具を求めて名古屋までお出かけする坂本さん。御一緒されるハリセンボンの春菜さんにはほぼほぼ構わずに、楽しそうに店内を物色して回る坂本さん。眼が輝いている。

しかし彼の持つ、普段使いしないであろう調理器具の数々はどのように収納されているのでしょう。画面で見る限りとても綺麗だったので、きちんと仕舞ってあるのだと思いますが、一般人的な感覚からするとこんなのキッチン収納に収まらない。長野さんのメレンゲ~でも思ったけど、どうやって片づけてるんだ。芸能人っぽく広いとこに住んでいるのか。しかもそれを使いこなすって、並の主婦レベルをはるかに超越している。こういうのを垣間見るときに、その女子力の高さにおののくんですよ。決してわが身と比べてはいけない。(私は土鍋は一個で良い人です。梅も一瓶で結構)

何か作ってと言われて、さらっと5分でイタリアン作る男って、格好良いのか?もはや自分の常識とは照らし合わせて考えられません。皆様はどう思われますか?

 

東山先輩の深イイ話、これは確かに有難いことです。定額のお給料はきっと、当時の坂本さんの折れそうな心を支えてくれたことでしょう。

しかし東山さん、何度聞いてもお金の使い方が凄いね。TOKIOとV6がいなかったらもっと早くマンション買えたはずってたぶん真実だろうな。確か坂本さんは付き人時代に着物も仕立てていただいたとか聞いた記憶がある。考えるだけで怖い、流石でございます。

今でも夜中の着信が東山さんだったら速効いくという坂本さんですが、付き人時代、あまりにお酒がつらいときはおじいちゃんが死んだと嘘を言って、お酒の席をお休みしていたと昔、言っていましたね。そのへんはちゃっかりな坂本さん。

そしてテレビゲームの対戦をやってて、あまりに東山さんに勝てないからとブチ切れて、かの先輩にコントローラーを投げつけたと言うエピソードも好きです。坂本さん、基本が短気。

東山さんに怒られたことはないというのも何気にすごいね。

カラオケで後ろから羽交い絞めにされて服を脱がされるという御茶目なお話もあるので、美しい師弟関係ばかりとうわけではなさげな御二人なのですが、こういう番組ではきっちり美しい師弟関係を示しておく方が良いでしょう。大人だからね。

でも御茶目なエピソードもたまにはこっそり聞きたい。

 

秘蔵映像で22年前のあれなドラマが出ましたが、坂本さんは大きな変化がほとんどない。肌の質感とか皺が違うくらいだなぁ。

 

総じて知っているエピソードなのですが、映像で改めて見せていただくと、それはそれで実感が湧きますので、総じて楽しいです。

保存、予備も作るかな。