読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のったりのたりと

V6の坂本さんを中心に、アイドルさんたちを

今日という日に

本日は、V6さんの長野博様のお誕生日です。

 

おめでたいこの日に、CM決定!のお知らせが舞い込んできて、長野さんの担当さんには心から喜ばしい一日になったのだろうなと、ほっこりしております。

グルメしまくった甲斐もあるというものだよなぁとしみじみ。おそらく私の住む地方都市でのオンエアは望めないとは思いますが、それでも嬉しさに変わりはない。メンバーに素敵なお仕事が決まれば、どの人のことでも嬉しいですが、長野さんだと他のメンバーよりも少しだけ特別に嬉しいのです。

V6さんはマルッとひとかたまりでも好きなのですが、坂本担を自覚している身としては、長野さんは自担のシンメ様ということになるわけなので、少しばかり違った思い入れも勝手にしてしまっているわけですね。

きっと坂本さんも嬉しいだろうなと想像をして、それにまた勝手に嬉しくなるという。ピントのずれた喜び方で申し訳ないのですが、そういう側面からもプラスアルファで嬉しいのです。

 

もちろん長野さんのことは単独でも好きですよ。

特にパワフルにはっちゃけている姿にときめきます。

大袈裟先生、長野の五輪、大好きだった。坂本さんに笑顔でドックフード食べさせたり、セミの抜け殻投げつけたりしている所なんかもとても好き。モータースポーツの番組も楽しそうだったな。トニコンのお笑いコーナーの振りきれっぷりも大好き。長野さんはきっとちびっ子のころはけっこうな腕白坊主だったんだろうなと思うのですよね。そのへんも坂本さんとは真逆な感じで、そういうところに心を魅かれるのです。

もちろん、コンサートで優しいお顔で丁寧にお手振りして下さる姿は美しい。(まだまだコンサートの余韻に浸っておりますので、長野さんキレイだったわぁとか普通に思っています)長野さんを優しいと語る人が多いのは納得なのです。

 

しかし、オタは応援しているタレに似るとはよく言いますが、坂本さんが長野さんの強さを良く褒めてるいるように、私も長野さんのやんちゃだったりパワフルだったり、強靭だったりするところを特に好ましいと思うようなのです。

大抵の時には健康そうに見える長野さん。しっかりした首から肩、メンバーが愛してやまない安定感のあるお尻から下半身。精神も健康そうで、オタの目につくところでは、不安そうな顔をあまり見せない、強い人。

きっと強いばっかりではないだろうし、長野担であればもっといろんな角度で長野さんを考察するのでしょうが、私は坂本担というフィルターをかけて長野さんを見ている人で、坂本さんの隣に、長野さんがいてくれることに、心からありがたく思ってしまっている者です。

 

V6さんができるとき、一緒にやりたいと社長さんに直談判に行ったという長野さん。ここぞというときの、その迷いのない強さがまぶしい。

最後までアイドルは無理じゃないかとデビューを迷ったという坂本さん。おそらくデビュー当時は苦しさの方が勝っていたのではないかと思う坂本さんの隣に、長野さんが居てくれたこと、ありがたく思ってしまいます。

デビューを嬉しかったとまっすぐに言い、デビューしたらやれることが広がる、可能性が増えると言える長野さん。揺らがないその強さは、本当に素敵です。

 

想像してた未来と、だいぶん違う方向に可能性を広げてずんずん進んでいらっしゃる感じの長野さん。これからもその好奇心の赴くままに邁進されることでしょう。

この一年も、また長野さんにとって素晴らしい実りのある年でありますように。世界の片隅でお祈りしております。

 

そして、V6さんの母で、坂本さんの隣にいる人であって下さいと、オタとしての希望も書きくわえさせていただきます。

「美味しい店教えてなんて気軽に言えなくなっちゃった」なんて言ってしまう、坂本さんのちょっと面倒なところも適当にあしらって、隣にいてあげて欲しい。

 

長野博様、43歳のお誕生日おめでとうございます。